巨大絵本「やまどりのゆめ」

  • 2.5mの絵本

    群馬県生涯学習センターの「光の道」壁面には、巨大絵本「やまどりのゆめ」が飾られています。
    この壁画は平成14年から5年計画で、毎年、群馬県内から公募による20名程度の小学5・6年生たちの共同作業により完成しました。
    主人公の若きヤマドリ(群馬県の鳥)が生まれ育った山からまだ見ぬ世界を夢見て飛び立つ物語を、深夜・明け方・午前・午後・夕方から宵の5つの時間で展開する文字のない絵本です。作品を見た人の感性でお話が作られていく自由な物語です。

    生涯学習センターにお立ち寄りの際はぜひ、上を見上げて「やまどりのゆめ」をご覧ください

    2階情報相談フロアからもとてもよく見えます。

  • 紙の絵本もあります

    育児学習室「キッズルームぐんまちゃん」には、制作風景や制作意図なども書かれた大型絵本をご用意しております。
    *紙の絵本は1階総合受付で販売しております。